« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

6/27江戸川清掃工場の焼却灰からも基準値を超えるセシウム検出

私が所属する清掃リサイクル特別委員会で、江戸川清掃工場の焼却灰から1キログラム当たり9740ベクレルのセシウム(福島を超える)が検出されたという報告がありました。明日報道される予定だということです。

この報告について質問したのは、私と共産党の鈴木議員だけ。

私の質問に対して、区の答弁は

①今朝8時45分頃清掃一部事務組合からFAXが届いたこと、②6月16日~24日にかけて採取したものあること、③他の清掃工場からはセシウムの検出はあったが基準値内(一キログラム当たりの基準値は8000ベクレル?!)であること、④焼却場には、主灰(焼却後、底にたまるもの)や飛灰(排ガスから分離しバクフィルターに収集される)があり、その飛灰からの検出であること、⑤福島を基準に今後、適正に処理される…でした。なぜ、江戸川焼却場だけ、このような事態になったのでしょう。

区も委員会の前に、工場を運営する清掃一部事務組合からFAXで報告されただけで、あまり詳しい情報を知りません。私はFAXの提出を求めましたが、夕方5時をすぎて担当課長が「検討した結果、全議員に明日配布する」と伝えてきました。明日の報道を待ってということでしょうか?

これまで焼却灰は、埋め立て処分されるか、溶融炉で処理され溶融スラグ(建材)として再利用されてきました。放射能で汚染されたものが市場に出回ることはとても危険です。今回の測定前はどうだったのでしょうか。

とにかく、情報の公開は課題です。

取り急ぎ、報告まで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6/15方南町駅バリアフリー経過報告です

方南町駅のバリアフリー化の進捗状況について、6月定例会の一般質問を通して杉並区に、また直接、東京メトロにも確認しました。

杉並区の答は「社内で調整中」ということでしたが、直接東京メトロに確認したところ、すでに4月に遺跡調査を行い、「埋設物はなかった」という報告書を、杉並区の管轄である教育委員会に提出したということです・・・・一歩前進ということでしょうか。

東京メトロは、昨年、お会いした方から新しい担当者に変わっています。現状は、環七がアンダーパスとなっていることから、ただ単に地下を掘るだけにならない大変さがあるということです。土木部、建築部の2課がそれぞれを担当し、進めているとのことでした。

計画内容や、工事内容が決まれば、近隣説明会を行うとのことです。

一日も早く実現に向かってほしいものです。

新しい情報が入り次第、ご報告します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6/14明日の午後は一般質問に立ちます…傍聴お願いします

明日は一般質問に立ちます。

午後1時からけしばさん、続いて私です。

今回の課題は①福島原発事故と放射能汚染-子どもの健康・命を守るために(汚染の測定・学校給食・教育と原発について)、②高井戸地域区民センターの図書室の継続について③子供園について、④公衆浴場について…です。

ぜひ傍聴にいらしてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6/11原発はいらない…新宿のデモに参加しました

今日は全国各地での反原発行動の日。都内では私が参加した新宿中央公園や芝公園などで集会が行われ、その参加者全員が6時の新宿アルタ前で合流しました。

私のいるグループに、沿道から次々と若い人たちが合流し、どんどん大きくなっていきます。わずか3キロのコースですが、警察に何度も制止をされ、アルタ前まで4時間もかかってしまいました。

新宿アルタ前は人だかりで、一緒に行動した杉並の人たちともはぐれてしまいました。途中、芝公園に参加していたという仲間たちにバッタリ会うことができ、嬉しくなりました。

今日で震災から3カ月。まだまだ時間がかかりますが、一日も早い被災地の復興と、原発をとめるために力をあわせましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6/9「相談にのってください」…控室に突然の来客がありました

区議会の議員控室で一般質問の準備をしていると、後ろの方で男性の声がしました。

振り返ると「相談に乗ってください」と深々と頭をさげ、不安そうな面持ちの30代の男性が立っていました。

区議会の応接室に案内し、お話を聞きましたが、その内容が切実なのですぐに対処することにしました。詳しい事情は書けませんが、練馬区の福祉事務所での交渉事です。4時をすぎていたので、タクシーに乗り大急ぎで大泉学園駅近くの総合福祉事務所をめざしました。事前に担当課には連絡をしてあったので、すぐに対応してもらいました。

交渉は1時間半に及びましたが、無事対策をとってもらえることになり、私も安心して帰ることができました。

この方は困りぬいて、切羽詰まって杉並区議会を訪問したそうですが、入った部屋が少数会派の部屋で、たまたま私に声をかけたそうです…

これも何かのご縁ですね、これからも相談にのることにしました…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6/6・7幼稚園の存続を求める保護者からお話を聞きました

2日間にわたり幼稚園の存続を求める保護者からお話をうかがいました。

2千筆を超える署名を添えた陳情が昨年区議会に提出されながら、審議されることなく4月の区議会議員任期切れで廃案にされてしまったということです。

今回は、再度陳情を出されたということで、その説明のために時間をとっていただきました。

幼稚園問題については、15日の一般質問や20日の所属する保健福祉委員会でとりあげることになります。

皆さんのご意見もよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6/4杉並区が独自に放射線量の測定を行う姿勢を示しました(^^)

杉並区は6月13日からはじまる第2回定例会に、水道水、学校の校庭、保育園園庭、公園などの砂場で、放射線量の測定をおこなうための予算を計上します。

予算額は9,275,000円。放射線測定器を購入し、大気中の放射線量を測ります。土壌については、委託をして調査・分析を行う方針です。

水道水は、3月31日から独自に測定をはじめており、今回は継続して行うための予算を示しました。

抽出ではなくすべての学校や保育園、公園を対象にすることを求めて行きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6/1渋谷区が放射線量を独自測定

本日から、杉並区議会44人で、南相馬市、石巻市の被災地視察に向かいます。毎日新聞の朝刊に、渋谷区が今月から、放射線量の測定を独自に行うと報道されています。その分析結果は区民に公表・説明するということで、とても大切な取り組みです。私のもとにも、幼い子供を持つお母さんたちから保育園の園庭など、子どもたちが日常的に触れる場所や、プールなどの放射線量測定・分析の要望が寄せられています。切実な要望なのでぜひ実現したいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »