« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

11/30 南伊豆健康学園…残念ながら廃止議案が議決されました

今日は文教委員会での質問です。議会改革により委員外議員も質疑出来るようになり、南伊豆健康学園を来年3月で廃止する議案に反対の立場から質疑を行いました。15分という時間制限で、少し焦りましたが、少しは保護者や健康学園の子どもたちの思いに応えることができたでしょうか。

傍聴には、健康学園の保護者や卒業生も来られていました。結果は残念ですが、共産党と私だけが反対で、自民・公明・民主、ネットみどりの会派の賛成多数で廃止が決定されてしまいました。

審議が終わった後に、保護者や卒業生とお話をすることができましたが、卒業生から「新城さんの発言を聞いて、涙が出ました」と言っていただきました。力が足りず申し訳ありません。

南伊豆健康学園は、豊かな自然の中にあります。ぜんそく・肥満・虚弱などの4病類の克服だけではなく、教育の中で、子どもたち自身が一つ一つの課題を自分に課して、達成していくことで自信を取り戻し、また「自分は自分でいいんだ」とした自己肯定感を子どもたちに育んできました。本来の教育の原点です。学園がなくなっても、今後この学園の教育の質がすべての学校で実践されることが、今後の課題です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11/26 杉並あんしんプロジェクト「放射線量測定学習会」に参加

小さなお子さんのいるお父さんお母さんでしょうか…若い女性や男性でいっぱいの会場。講師は東京大学大学院の小豆川勝見さん。ご本人いわく「電球の取り換えから放射線測定まで何でもやっています」とのことでしたが、放射線の基礎知識から、杉並区が行っている放射線測定についての考え方まで、「目からウロコがとれる」ような、いままで聞いたどのお話よりも平易でとてもわかりやすい説明に、私は最後まで引き込まれました。ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11/23 脱原発をめざす女たちの会11・23キックオフ!集会に参加

会場は超満員。第2会場が準備されるほどの盛況さでした。私はまたまたうっかりしており、友人から「もう申し込んだ~?」と声をかけられて大慌てで当日券の列に加わりました。呼びかけ人は、北海道や大間、六ヶ所村、福島、浜岡、もんじゅ、島根、上関で、反原発の運動を粘り強く続けてこられた人々が中心になりました。お一人お一人の発言に感動しました。3月11日の福島原発事故を受け、すべての原発を止めるまで、みんなで一緒にがんばることを誓い合いました。私は翌日の議会準備で最後まで参加できませんでしたが、とても心の通じあう豊かな内容でした。がんばりましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11/20 建築・解体工事説明会に参加

住民からの連絡を受け、解体工事説明会に参加しました。周辺住民が何人も参加をされており、それぞれから質問や要望が出されました。建築関係者は、今後、個別に出された要望について報告をするとしましたが、全体に関わることでもあり、今後も合同の説明会をするよう約束させました…まだ課題があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11/18 今日から区議会がはじまります

今日から議会が始まります。初日はだいたい午後1時からの開会です。10時からは議会運営委員会がありましたが、私は9時に生活保護の相談のために福祉事務所を訪問しなければならず、けしばさんに任せました。相談に予定よりもかなり時間かかってしまい、急いで区役所へ。相談も増える一方です。厳しいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11/17 朝鮮高校無償化を実現するため、12月3日集会準備会に参加

無事、一般質問の打ち合わせが終わり、「朝鮮高校に教育保障を」求める12月3日集会の準備会に参加しました。私は久しぶりの参加でしたが、これまでの打ち合わせで内容が決められていました。朝鮮学校弁護団の報告もあり、重要な集会になります。

ぜひ皆さんもご参加ください。

朝鮮高校に教育保障を!12・3集会                           ☆12月3日(土)18時45分開会(18時15分開場)                 ☆大田区民ホール・大ホール(JR蒲田駅東口から徒歩5分)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11/14 一般質問の準備です

咳や微熱が続き、なかなか良くなりません(;一_一)18日から始まる区議会にむけて、一般質問の準備をしなければならないに、こんな調子でトホホです。

スケジュールとしては、16日に質問の申請をして、17日に質問のすべての内容を提出することになります。今回の一般質問は、1沖縄普天間基地移設問題、日米地位協定問題、八重山教科書問題への文科省対応について区長の政治姿勢を、2は介護保険制度について、3公園の使用問題、4南伊豆健康学園についてを質問する予定ですが、全くできていません。気持ちは焦るのですが体がついていきません…うーん、困ってます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11/13 部落解放同盟全国連合会婦人部第20回大会に参加しました

部落解放同盟全国連合会婦人部の第20回大会が、東大阪市の石切駅近くの会場で開催されました。私は大会の2日目・分散会に参加しました。分散会は9時から始まるので、3時に起床し、井の頭線の始発に乗りました。体調はあまり良くないのですが、気が張っているせいか大丈夫。4時過ぎの真っ暗な街を自転車で走るのもなかなかいいものです。

私の参加した分散会では、全国の「村」・支部から参加をされた婦人たちが、ご自身の体験やこれまでの支部の取り組みをご報告されました。体験談では、嫁いだ先で部落差別を受けているという切実な現実が語られると、これをきっかけに「私も同じような経験をしている」と次々に手があがり、多くの方がその体験を語りました…「部落差別はなくなった」という人たちがいますが、とんでもありません。

私は、婦人たちが差別の現実と向きあい思い悩みながらも部落差別を絶対に許さないために闘っている姿に心打たれました。また、同じ思いをもち、怒りを共有できる仲間がいることはかけがえのないことであり、全国連合会の組織の存在の大切さを改めて感じました。

私は参加をしてとてもよかったと思います。これからもご一緒させてください。よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11/12 山田真医師の講演会がありました

今日は山田真医師の講演会がありました。1時間前には若い女性と男性の方が、それぞれお見えになり、私とけしばさんしかいないで、会場設営からお手伝いをしていただきました。思ったよりも人数は少なかったけれど、保育園児を連れたお母さんなど、小さなお子さんがいらっしゃる年代の女性が何人もおいでになりました。私は風邪をこじらせて熱が出てしまい、集中して山田先生のお話を聞くことができませんでした。しかたなく講演中は受付の席に着き、子どもたちの遊んでいる様子を見ていました。皆さんのご感想はいかがだったでしょうか…二次会の懇親会にも参加できなかったので、他の皆さんに聞くことにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11/11 切実な相談を受けました

10時に控室で相談を受けることになっていた方が、わたしが9時過ぎに区役所に入ると、紹介の方と一緒に私の目の前にいました。すぐに控室にご案内しました。相談の内容は、とても重大で切実な問題でした。その場で、弁護士や女性の人権問題に詳しい方々に、対策について助言をいただくために連絡しました。ご本人の勇気に私は感心しました。いま日本の若い人たちの多くが、仕事や勉強のために海外に向かいます。今回の相談の内容は、その希望や周りの人々の応援、すべてを壊された事件でした。解決のために協力したいと思います。

今日はとても寒い一日でした。ダウンにしようかと迷ったくらいです。風邪のために、自転車はやめてバスを利用しました。のどの痛みだけだった風邪の症状が悪化し、時々はげしい咳に加え、頭痛、鼻水までも出てしまっています。経済産業省を取り囲む「人間の鎖行動」はどうだったでしょうか…寒い中、お疲れ様です。風邪をひかれませんように、ご自愛ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11/9 被災地支援のコンサートがありました

今晩は荻窪のかん芸館で「東日本大震災復興チャリティーコンサート」に参加しました。

出演はピアニストが2人と、声楽家が2人の4人です。かん芸館は小さな会場ですが、音響がよくピアノの残響が素晴らしかったです。普段あまりクラッシック音楽を聴く機会がない私ですが十分に楽しませていただきました。

前に聞いたことのあるメゾソプラノの上野さん、素人の私にも進境を感じることができました。またピアノの高木さんはとても素晴らしかったです。「見上げてごらん・・・」のアレンジで「スターダスト」のメロディーが入っていましたね。ドビュッシーの「月の光」はきらめく星空が見えるようでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11/8 杉並区基本構想答申(案)に対する全員協議会が行われました

今後10年の区政の方向性を規定する「杉並区基本構想」。37人の審議会委員(議会からは述べ12人が加わっています)が審議に参加し、まちづくり・産業・環境、保健・福祉・医療、教育・子育て・文化をテーマに議論が行われ、それをまとめた答申(案)がでました。今日は、全員協議会で、この答申案に対する各会派(1名が代表)の質問が行われました。

私が傍聴した教育・子育て・文化の第3部会では、各委員から様々な意見が出され、これをまとめることは大変な作業だと感じていました。今回の答申案は、大分コンパクトにまとめられています。文言や文書の端々に、「区当局が進めたい施策を盛り込んだ?」と、疑問に思ったのは私だけではなかったようです。

11月11日~12月10日はパブリックコメント(区民意見)実施期間で、基本構想答申案の説明会が11月19日・20日・22日の3日間開催の予定です。私も注視して行きたいと思います。

夕方は、弁護士に来ていただき貸付金の取り戻しなど法律相談がありました。ご相談のある方は、ご連絡ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11/7 くらし相談が増えています

今日は、くらし相談から一日がはじまりました。最近は相談がまた増えています。夕方は住民運動の皆さんとの会合を終えて、明朝の駅頭街宣で配布する区政報告の作成と印刷のために区役所・控室でしばし仕事。建築問題で住民説明会に出席しているけしばさんの分も印刷し、会場まで届けました。けしばさんはよく働きます。自宅に着いた時には21時でした。お腹がすきました~(@_@;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11/5 ご近所から“柿”をいただきました

Photo_2

ご近所の方から“柿”を沢山いただきました(写真はその一部)。そのお宅の柿の木は、大きさ(高さ)が2mくらいで形よく剪定されており、なかなか風情があります。夏の終わりころから小さい緑色の実がつきはじめていたのを見ていました。お話では、昨年はほとんど実らなかったけれど、今年は大豊作だったとのこと。実はかたくちょっと渋みがあるけれど、甘みは十分…(^^)とても美味しくいただいています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11/4 バタバタの一日

今日は、朝の駅頭街宣を終えた後、自宅前の落ち葉の掃除をしました。それから着替えて出かけようと表に出てみると、また落ち葉がいっぱい。うちのハナミズキのせいです。ご近所のみなさんには大変ご迷惑をおかけしています(+o+)。この季節は大変です。

荻窪のAさんのご依頼で郵便局への支払い、阿佐谷のKさんのお見舞い、先日うけた生活相談の件で福祉事務所とのやりとり、点字ブロック設置の件で現場を確認し都第三建設事務所への連絡などなどで午前・午後はバタバタ。夕方の会合を終え、事務所の掃除をして8時すぎに帰宅しました…ちょっと疲れ気味です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11/3 理解者を増やしていくことも課題です

昨日、「相談があるので、1時間くらい時間をとってもらえませんか。タクシーで事務所に伺います」と、Gさんからご連絡がありました。

Gさんからこのような連絡があるのは余ほどのことなので、心配になり本日訪問しました。相談は、同じアパートのAさんに関わる事でした。生真面目なGさんは、Aさんのことで不安が募り1週間眠れない状況が続いているとのことで、心臓病が悪化しそうです。

私はAさんにはお会いしたことがなく全く知らない方ですが、Gさんのお話をじっくり聞いていると、Aさんのことが少しずつ見えてきました。Aさんが「心の病い」ではないかということです。私の感想を率直に話したところ、Gさんは「誰に聞いても中途半端な説明しかなくて、納得がいかなかったけれど、(心の病であれば)少しですが理解が出来ます」と、おっしゃいました。Gさんが「少し理解できる」と語ったのは、Gさん自身も以前、大きな悩みを抱え精神的に追い込まれた経験があるからでした。さらに、Gさんのお話から、Aさんの自立生活を支える体制があることもわかりました。病院への付添やお部屋の掃除など、「誰かが手伝っている」というのです。これは安心です。

Gさんは、これまでAさんに対して、毎日のごみ出し(わざわざ自分からごみ袋をもってAさんの部屋を訪問し、その場で分別のやり方を教えてあげているそうです)の手伝いや、何かにつけて挨拶をするようにしているとのことでした。そうした日常の中で、AさんはGさんにだけ会えば挨拶するようになっているというお話でした。

プライバシーなど慎重に扱うべき問題はありますが、「病い」についての理解者をどのように増やしていくかはとても大切な課題だと、Gさんの相談を受けて改めて感じました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11/2 11月12日の山田真医師の講演会にご参加ください

朝は大分肌寒くなりました。今朝は、11月12日午後6時半から行われる山田真医師の講演会案内チラシを配りました。詳しくはHPに掲載しています。皆さんのご参加をお待ちしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11/1 「イギリスにおける精神障がい者支援の最新の動向」杉並区家族会の講演会に参加しました

精神障がい者の家族会が主催する講演会に参加をしました。

「イギリスにおける精神障がい者支援の最新の動向 ~リカバリー体制への再編とケアラー(介護者)支援を中心に」をテーマに、聖学院大学の助川正雄先生が講演されました。30年余り、精神保健福祉士として病院や、神奈川県の公務員ワーカーとして精神障がい者支援に携わってこられた方です。

お話で紹介されたイギリスの事例はたいへん興味深いものでした。中でも、私が関心を抱いたのは、子どもたちに対して、教科書の中で精神障がいを「なおる病気」として教えていることや、その結果、子どもたちが担任や学校のカウンセラーに相談することが多くなっているケース(…早期発見で医療費の軽減という国の狙いもあるようですが、それにとどまらない精神障がいへの理解と、病気を重くさせない効果もあるそうです)。また、介護をする家族への支援体制が重要視され対策がとられていることも知りました。

日本はまだまだ課題が多くありますが、私も皆さんに学び、一緒に取り組みたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »