« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2/24 保健福祉委員会…「障害者総合福祉部会提言」の陳情の早期審議を求める

障がい者当事者、家族、団体、学識経験者、自治体の首長など、立場や意見の多様な55人が、「障がい者総合福祉法」制定に向けて1年半にわたる議論を重ね、昨年8月「提言」を出しました。

今年3月に廃止になる障害者自立支援法に代わるものであり、当事者を含めて議論してきたことはとても画期的なことでした。障害者の自立を奪う「障害者自立支援法」に対する違憲訴訟団と当時の鳩山首相や長妻厚生労働大臣との和解、ここでは「自立支援法」の廃止が約束され、また障害者の権利条約に向けた法整備が約束されたことがきかっけでした。ところがこの55人の提言はその後厚生労働省・国によって踏みにじられ、障がい当事者や部会の関係者から批判の声が高まっています。そんな折から、先週区内の障害者団体や作業所団体が連名で、国への意見を求める陳情が杉並区議会に提出されました。これまでの議会改革の流れから行けば、当然審議されてしかるべきものですが、今日の保健福祉委員会では正副委員長の独断で審議が行われませんでした。その理由は「民主党と厚生労働の協議が行われているから、状況を見る」というものです。地方議会が住民の声に耳を傾けるより、国のほうを向いているようでは住民の生命や財産を守ることなどできません。昨年は、精神障がい者家族会から出された「こころの健康を守り推進する法の早期実現を求める意見書」を保健福祉委員会・杉並区議会としてだしたばかりなのに、議会改革の流れがまた逆戻り。今後も皆さんと連携して、一日も早い審議を求めていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2/21 芝生の養生シートの管理は「鉛の箱に詰めて区庁舎で保管」されています

一般質問が終わりました(;一_一)いま昼休み時間中です。

今日は芝生の養生シートの管理について、区のHPにも書かれておらずいったいどうなっているのかを確認しました。「鉛の箱に入れて区庁舎内の地下に、国の処分が決まるまで保管する」という答弁です。昨年からシートの処分について区は文科省や環境省に対策を求めてきましたが、いまだ国は対策を講じてこなかった経過が改めてわかりました。東電も国も無責任。このような状況で大飯原発再稼働など許されません…議会がはじまります。行ってきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2/19 メールをくださった皆さんへ…

パソコンが壊れてしまいました。この間、立ち上がりが遅く、フリーズ状態が続き困っていましたが、何をやっても動かなくなってしまいました。メールをくださった皆さん、申し訳ありませんが、現在メールを開くことができない状態です。返信できないことをお詫びします。取り急ぎ、ご連絡まで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2/4 模擬「労働審判」に参加しました

在日本韓国民団の新年会に参加しました…美味しい料理に舌鼓。代表のごあいさつで、在日(韓国籍)の方々が、韓国の国会議員選挙と大統領選挙に参加できるようになったことが紹介されました。日本のおける参政権はいまだ課題です。

夕方は「労働審判」の学習会があり参加をしました。労働審判を予定している方が作成された「労働審判手続申立書」を材料にして、一つ一つの文書・文言について指摘が行われました。私は昨年、未払い賃金を請求する相談を受け、少額訴訟に訴える文書作成を手伝いましたが、とても勉強になりました。次にいかせそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2/3 放射五号線住民説明会に参加しました

今朝は寒かったですね。吐く息がまっしろ(>_<)

今日はけしばさんが休暇のため、議会改革特別委員会の傍聴にはじまり、控室での生活相談、夜は放射五号線(都主催)の住民説明会に出席しました。説明会は参加者は50人くらい。計画が進んでおり住民の意見もどちらかというと、計画を前提にしたものが多かったように思えました。ただし、ご意見の中には「やはり車がはいってくることはやめてほしい」「協力を求めるべき商店会に説明会の案内を配布しなかったのはなぜか」など、都の姿勢や計画に対する不信のご意見もありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2/2 書類の片づけ…大変です

山のように積まれた書類。議会関連、各団体から送られてくる郵送物、資料のコピーなど、整理し始めたら午後1時過ぎまでかかってしまいました(@_@;)友人への届け物や、事務所に約束した来客があり、もう大変。片づけはもう少しゆとりのあるときにしましょう。

夜は東京都の朝鮮学校に対する補助金を廃止する問題についての会合があり参加しました。皆さんの真剣で熱心な議論と行動力にいつも刺激をうけています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2/1 反原発自治体議員・市民連盟の監査を終え、外環その2の「話し合いの会」を傍聴しました

寒~い朝街宣を終えて、事務所→控室→たんぽぽ舎へ。反原発自治体議員・市民連盟の会計監査を終えて、再び控室へ。

夜はアンサンブル荻窪で開催された東京都主催の「杉並区における地上部街路に関する話し合いの会」(外環その2の話し合いの会)を傍聴。傍聴席はほとんど満杯。構成員のさくら町町会のFさんが口火を切る形で、石原知事が外環の2について全く認識がなく、こうした状況下で何のために本会議が開催され、また事業を行うのかなどについて、東京都の姿勢を追及。そこにNさんやお名前は分かりませんが都市計画の専門家という方から、Fさん意見に対する支持が表明される場面がありました。それにしても東京都の姿勢はあまりにも不誠実で、傍聴席からもブーイングが続出。「話し合いの会」が外環その2着工の既成事実を積み上げるためのものにならないよう監視しなければなりません。皆さん、お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »