« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

3/28 病院の付き添い

昨晩携帯の充電を忘れ、電池切れのまま出かけることになってしまいました。8時に区役所に入り、事務員Mさんの仕事を準備し、腰痛で歩けなくなった81歳の友人Tさんの付き添いで午前中は病院。数日前から痛みが激しくなり、食事がとれずトイレも間に合わない状態だったとのことで、深刻でした。一人暮らしのTさんは入院を希望し、その準備をしていったものの医師から「病院は民宿ではありません」とにべもなく断られ、それでもと懇願するTさんと医師のやりとりがおもしろくて、ついつい笑ってしまいました。入院がかなわないので、すぐにケースワーカーに連絡したところ、翌日、老健施設に短期入所ができるようになりました。やれやれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3/27 性暴力被害への支援の輪広がっています

性暴力被害の件で、H牧師にお会いしお力を借りることになりました。杉並区役所・控室に戻ると、さっそくH牧師から連絡がありました。お友達が動いてくれることになり夕方にも相談者と面談することになったとのこと。私は特別養護老人ホームの住民説明会で参加できないのが残念です。すぐに対応してくださったことにとても感謝です。人のつながりは力ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3/26 福井県議会と県庁への要請行動に参加

反原発・自治体議員市民連盟として福井県知事、県議会議長に「大飯原発の再稼働に反対する」要請を行いました。参加者は共同代表の布施哲也(前清瀬市議)や私を含め8人。議会事務局が応対し、全議員に要請文と、福井県原子力委4人が関西電力から790万円の寄付受けていたという新聞記事のコピーを配布してもらうことを確認しました。35名の県議会構成は自民24名、公明7名、民主・みらい1名、希望ふくい1名、共産1名、無所属1名になっています。

原子力委員会・事務局は「ただ受け取るだけ」だとあらかじめ態度を表明していたように、本当に受け取るだけで、にべもない態度でした。その後、他の団体とロビーでお会いしたところ、その団体は要請文の受け取りすら断られたとのことで、(要請文を)受け取らせただけでもいい方なのだということがわかりました。受けとらない?こと自身が大問題ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3/25 大飯原発再稼働反対の緊急集会に参加しました

「北陸の天気はいつもこうなのですよ」と近くにいた初老の男性が声をかけてきました。説明が必要になるくらい、晴れ→雨→晴れ→あられ→曇り→雪、コロコロ変わる天気に驚き。

大飯原発再稼働反対の緊急集会には700人が集まりました。決しておおい…「多い」とはいえないけれど、再稼働を止めるために「明日からハンガーストライキに入る」と決意を語られたお坊さん(お名前が聞こえませんでした)を含め、皆さんの発言に強い意思を感じました。

福島原発事故の原因の解明や事故処理、収束のめどが全く立たない中、23日に原子力安全委員会は再稼働の前提となる「ストレステスト」(安全評価)の第1次評価を受けて、再稼働への動きを見せています。福井県は人口80万人、そこに14基の原発があります。交付金、補助金、納付される税金、寄付金、地元は国や原発関連企業から多額のお金が入っています。「お金か、人の命か」、地元住民が、私たちが選択すべき問題です。第2の福島を起こさせないためにがんばりましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3/23 小学校の卒業式 子どもたちに感動しました

地元の小学校卒業式、とても感動的な卒業式でした。一人一人が卒業証書をもらうときに、将来の希望を語りました。昨年の震災が影響しているのでしょうか、「みんなに喜ばれる」「みんなが楽しくなれるような」などの言葉が多かったのが印象的でした。在校生との掛け合いの歌、とてもよかったです。ずっと涙を流している子、どんな想いがあったのでしょうか。式が終わるころにはほとんどの子どもたちが涙し、在校生の中にも泣いている子がいました。私もそんな子どもたちにホロリ。いつも方南町の朝街宣で、はにかみながら「おはようございます」と挨拶してくれた子も今日卒業でした。また会えるでしょうか。子どもたちの成長がとても楽しみです。

午後は反原発自治体市民連盟の会合に出席。参加者は少なかったのですが、原発再稼働問題など重要な報告がありました。私も明日、福井に出発します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3/22 議会最終日です

とても気持ちの良い朝ですね。今日で議会が終わります。今朝は早起きで議案(暴力団排除条例など)に対する意見の準備をしています。2月16日から今日までの1ヵ月間、基本構想の審議が入ったために、土・日も開催される長い議会でした。議会活動(学習・調査)、生活相談、反原発行動(杉並、福島)への参加など、とても忙しい毎日でした。今日は議会を終えた後は、若い方の相談で出かけます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3/20 「日の丸」「君が代」を敬えないについて

先日の中学卒業式の報告に、多くの方からメールをいただきました。ありがとうございました。その中に匿名で「国旗・国歌を歌い敬うのはどの国でも当たり前のこと。」とのコメントがありましたので、その点についてお答えしたいと思います。

イギリスやオランダ、ベルギー、スペイン、デンマーク、スウェーデンなど、ヨーロッパの教育現場では国旗国歌をあつかわない国々があります。アメリカの連邦最高裁判所は国旗焼却事件に対して「国旗への冒涜行為を罰することによって、国旗を(神)聖化するものではない。これを罰することは大切な象徴が示す自由を損なうことになる」とし、さらに「連邦議会が成立させた、国旗を焼いたりする行為を処罰する国旗法は言論の自由を定めた憲法に違反する」としています。

日本のように、処分・処罰をもって教育現場に強制することは世界に例のないことです。その点では異常なことです。「国旗・国歌法」制定時には強制しないことが付帯決議とされたにもかかわらずです。付帯決議をせざるを得なかったその時点で問題ははっきりしているとも思うのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3/18 会費を払ってからでないと退会認めない…法律相談

数日後に、裁判所に書類を提出しなければならないという緊急の件で荒木弁護士に相談にのっていただきました。その方はある国家資格をもっているものの、数年勤務しただけで、その後は別の仕事にかわり、直接その資格を生かした仕事には携わってきていません。そこで、会費の支払が厳しいために退会を申し出たところ「滞納金を払わなければ、退会を認めない」といわれ、年月が経っているので滞納額が高額になってしまったというものです。この国家資格は、最近私への相談も多くなっており、力の欲しいところでした。もったいないですね。

ところで、会費の滞納についてですが、支払いが厳しいからと退会を申し出ているのに、払ってからでないとダメ、退会できずに滞納金だけはどんどん積もっていく。これってあまりにも酷いんじゃない!と思うのは私だけでしょうか。このしくみで、困っている人は少なくないかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3/16 君が代斉唱時起立しなければ来賓席には座れません…中学卒業式

地元の中学校の卒業式に4年ぶりに参加をしようと、出席を電話で知らせました。当日、学校に到着するや副校長が近づいてきて「起立しますよね」といわれました。「起立しますよね」とは前振りのない突然の言い方ですが、それは「君が代斉唱時の起立」だとすぐに認識し、私は「いえ、それはできません」「これまでもそのようにしてきました」と言葉を返しました。

その後、校長が出てきて話されたことは「起立しなければ一般席です」「新学習指導要領に基づいてやっている」「子どもが少ないから目立つ」「だから(起立しないから)招待しなかったのだ」ということでした。

私は議員に復帰したばかりだから、忘れて招待状が来なかったのだと思っていましたが、そうではないことがわかりました。結局私は、君が代斉唱時に起立しないことで招待されず、また来賓として認めなれなかったいということです。

「国旗・国歌」法制定時、「強制することがないように」とわざわざ付帯決議がありました。新学習指導要領には強制せよと書かれている?とんでもありません。にもかかわらずです。

私は「日の丸・君が代」を大好きな人がいてもいいし、そうではない人がいてもいい。地域にはさまざまな考えの人々がいることが当然。当該校は、杉並ではじめての施設一体型小中一貫校が進められていますが、その点からも、前代未聞のこの事態はとても重大な問題だと考えます。

今日は、私は保護者席・一般席で最後まで卒業式に参加をしました。男子の中にも涙を流す子が多かったように思えました。ご近所の、友人の小さかったあの子が大人びて見えました。私は一般席の最後尾でしたが、お子さんの成長に涙するお母さんやお父さんの様子をうかがいました。

ご卒業おめでとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3/13 予算特別委員会保健・福祉・環境の款で質問しました

ずっとすわりっぱなしの予算特別委員会、花粉症の薬のためか、眠くてしかたがありません。今日の質問のトリは私でした。子供園問題、介護保険料値上げ議案、民生委員について、障がい者施策についてを課題にしましたが、12分の持ち時間では時間が足りません。ついつい早口になってしまいました。

障がい者総合福祉法では、政府と民主党のワーキングチームの協議が終わりましたが、障がい者福祉部会提言の最も核心的なところはいかされませんでした。杉並区は改定自立支援法が「応能負担」になったことを理由に、課税世帯の負担軽減策を廃止にするといいます。障がい者は、食事も排せつも移動もすべて人の手を必要とすること、特別なサービスではなくて生きるために必要なこと。私は「応益でもなく応能でもなく、オールNO!負担であるべき」として、廃止の見直しを求めました。

15日は教育・都市整備の質問です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3/11 原発いらない3・11福島県民大集会に参加しました

Photo午後1時に開催される福島県民集会を前に、昨日と同じ会場で午前は4つの分科会が行われ、私はOさんと一緒に避難者のお話を聞きました。小学6年生のお子さんのいる松本さんは、現在川崎市に避難中。原発事故の情報がない中で、子どもの健康が気になり、独自にネットや書籍で勉強し情報を入手。子どものために避難を決意し踏み出しましたが、今になってもそれが正しかったと改めて感じていると話されました。

昨日の会場に設けられた放射線相談室には、100人の方が相談に来られたという報告もありました。不安があっても避難することができない人たちが多くいます。避難者には厳しいことを言う人もいますが、とどまる人も放射能についての認識を持つことが重要だという提起がありました。いま福島県や自治体は、避難者を出さないために、医者を動員して「安全宣伝」行っています。人の命をまもる医者がこの有様では、正しい情報は期待できません。県外にいる私たちの役割はとても大きいと感じました。

県民大会にはタクシーを使いました。運転手さんは60代後半の男性。畑もやっているそうで、採れたものを孫にさべさせてよいのかどうか、地区にある線量計で何十回も図っているそうです。県や政府、東電が安全だといえばかえって不安になると、訴えていました。運転手さんはもっと話したそうでしたが…すみません。

県民大集会は感動するほど多くの参加がありました。司会者は15000人といっていましたが、ほんとう?2万人はいるんじゃない!と思えるほど、たくさんの人々が集いました。大江健三郎さんのお話も、農業、漁業、高校生、母親ら6人が県民を代表して訴えました。切実なお話ばかりでしたが、直接、そのお話を聞くことができ、よかったと思います。

反原発、再稼働を許さないために、私もがんばります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3/10 原発いらない地球(いのち)のつどいに参加しました

郡山で開催される反原発の集いに参加のため、6時半に自宅を出ました。杉並からはけしば議員と友人のOさん、Tさん、Yさんが一緒で、現地でSさんが合流。

「原発いらない福島の女たち」が呼びかけた「地球(いのち)のつどい」は、郡山駅のすぐ傍のビックアイ市民プラザや郡山市労働福祉会館で行われましたが、10時から20時半にわたり、16分科会がとりくまれました。

私は、午前中はタンポポ舎の原田裕史さんが担当する「福島原発の現状は」に参加。原田さんのお話が終わると、映画「チェルノブイリハート」監督のエディ・アラカワさんが参加され特別のアピールがありました。通訳なしには内容はわかりませんが、エディさん切々とした語り口に、想いや心が伝わってくるようでした。すべて筆記できていませんが、次のようなことでした。

「ベラルーシは福島を支援したいといっています。チェルノブイリの犠牲者は皆さんの苦しみがわかります。とんでもない被害にあい、どのような気持ちでどのような状態にあるのかわかります。少なくともわかりたいと思います。大切なことはコミュニティ、家族、子ども、そういう人たちのことを考えてたちあがろう。明日に向かう希望は誰も奪うことはできません。放射能は見えない敵、生活の隅々にどうしようもない状況作り出している。私たちの世代が原発をとめましょう」。 エディさんは、チェルノブイリの人々の福島の皆さんに対する思いを伝えました。

午後は鎌田慧さんの「脱原発と民主化への道」講演。はじめて鎌田さんのお話しを聞きましたが、とつとつとした語りはとても聞きやすく勉強になりました。ただ残念なのは、私は人に呼ばれ中座することになってしまい、すべてを聞くことができませんでした…次の機会に期待したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3/6 ブルートゥースのイヤホンマイクで介護相談…

今朝は出がけに介護相談の電話が入り、ちょうど出かけるところだったので、ブルートゥースのイヤホンマイクをつけて会話をしながら歩いていると、すれ違った70代の方が驚いた表情に。たぶん、独り言をいいながら歩いている変な人…と思われたみたいです。

自転車に乗ることの多い私にとってブルートゥースのイヤホンマイクはとても便利なグッズです。手はしっかりハンドルを握ったまま、会話ができるのはとても便利。ただ難点は、声が大きくなりがちになることや、慣れなくて操作を間違えては電話を切ってしまい相手にご迷惑をかけてしまうこと、そして周りの人に奇異の目で見られてしまうこと…

2日間続いた杉並区基本構想特別委員会審議と意見開陳が終わりました。前区長の21世紀ビジョンとの違いは、区の責任が主語になったことです。詳細はHpに掲載することにします。

明日からいよいよ予算特別委員会に入ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3/3 東京大空襲67周年朝鮮人犠牲者追悼会に参加しました

毎年行われている東京大空襲朝鮮人犠牲者追悼会が、東京慰霊堂で開催されました。朝鮮人犠牲者遺骨収集調査団の李イルマンさんに出会ったことがきっかけで、今年で5度目か6度目の列席になります。10万人の犠牲者のうち、実に1万人が朝鮮人だったといわれています。日本の侵略と植民地支配の中でそれほど多くの朝鮮の人たちが東京に住んでいたということです。

今日は、韓国からお坊さんがお見えになっていました。1922年朝鮮総督府・日本に奪われた朝鮮王室の儀軌( 密教で、仏・菩薩(ぼさつ)・諸天などを念誦(ねんじゅ)・供養する方法や規則ウキィペディア)を取り戻す運動をされてきたかたたちです。儀軌は宮内庁におかれていたもの。日本の侵略の証しそのものです。民主党の初鹿衆議院議員によると、国会議員の中にはそれを返すことに反対する議員もいたといいます。侵略の反省がないということでしょうか。

東京大空襲の遺骨が一日も早くご遺族に戻されることを願い、また戦争を二度と繰り返ないよう誓い、合掌。

今日は清掃リサイクル特別委員会を終え、東京慰霊堂→行政関連ユニオン第4回定期大会に参加、その後、朝鮮王室儀軌を取り戻した祝賀会に招かれ、一日を終えました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3/2 自宅にパソコン入りました

新しいパソコンが先ほど到着し、ただいまセッティング終了しました。メールはアカウントを忘れてしまい、もう少しかかりますので、よろしくお願いします。

緊急の相談を受け、新宿の法テラスに同行し打ち合わせを終えた後、福祉事務所や住宅課、不動産業者との交渉で一日が終わりました。区の職員や皆さんの協力で、わずか数日で良い方向に向うことができています。感謝です。

議会開催中で時間が拘束されていることに加え、3週間も前に修理に出した自転車がまだ戻ってこず、さらに動きに時間がかかってしまっています。自転車は本当に重宝ですね…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »