« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

8/28 臭気対策の相談

「臭気で悩まされている」という相談を受けています。私も何度も訪問しているのですが、ニオイは全くしません。その「臭気」は、ずっと続いているわけではなく、1日の中でとくに深夜に強く、そのたびに目が覚めるというものでした。原因について、相談者は「隣のトイレ工事の後からするようになった。隣の家がトイレを使うたびにニオイがする。トイレ工事で排水管が破損した。」と主張するのですが、家の下を掘り返したわけではないので、決めつけることはできません。いろいろお話を聞いた際に、お隣の家とは、排水管がつながっていることなど構造上の問題があることがわかりました。

今日は、相談者のお宅で、私が同席し、お隣の方と率直に相談をしました。お隣の方は仕事を終えた直後なので大変疲れたご様子でしたが、2時間お付き合いくださいました。相談者から何度も抗議され、困っていた様子もうかがえます。私は杉並区や東京都下水道局西部事務所の助言をもとに、「各自が直接下水管につなぐようにすること」などを決めました。その工事をする場合は、どのような手続きが必要か、私が調べ、お隣にお知らせすることを約束し、今日は終わりました。

帰り道、「トトロの家」を見ました。やわらかい灯りに照らされた庭がとても静かで、趣があります。深夜は賑やかになるのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8/27 保護者に同行し学校を訪問

障がい児童1の通級支援の問題で、保護者に同行して学校側との話し合いに立ち会いました。いろいろな課題が見えてきました。

待っている間に、学校前の花壇がかわいらしいので撮影!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8/25 「遺骨が語る沖縄戦 “ぼくが遺骨を掘る人がまふやーになったわけ”に参加

825100戦争体験者100人の声の会が主催する集会に参加。会は11年目を迎え、共同代表の宮沢さんは93歳になられました。10年を超える活動に敬意を表します。今回は、「遺骨が語る沖縄戦」 “僕が遺骨を掘る人ガマフヤーになったわけ”の著者・具志堅隆松さんのお話でした。

私は5月の沖縄平和行動の際、半日ガマフヤー活動に参加をさせていただきましたが、藪の中で泥にまみれる作業は並大抵ではできません。具志堅さんのお人柄と意志の強さに感心しました。

戦争で人々を殺し犠牲にした国、その無責任さに怒りがわいてきます。「遺骨が語る」迫力…皆さんも機会があれば、ぜひ一度具志堅さんのお話を聞かれてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8/17・18 「福島を忘れない!全国シンポジウム」・被害をうけた自治体を視察

8月17日、「福島を忘れない全国シンポジウム」に参加し、福島第一原発事故で放射能汚染被害を受けた自治体の議員と交流しました。私は司会を担当し、100名を超える参加者や福島第一原発事故とで被害をうけた周辺自治体議員の報告を聞き、会の重要性を再認識しました。

Photo_2翌日18日は、放射線汚染地域を視察し、除染した土が田畑に5段に積み上げられ、線量は高いまま放置されている実態を確認。無くならない汚染被害に、人々の苦悩が伝わってきます。税除染費用は1軒当たり1億円ということ。金の無駄遣いです!!

Photo_3
線量計の警戒音があちらこちらでなっていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8/10 介護保険制度…まだまだ認識されていません

66歳の方から、介護保険についての相談がありました。住所変更で区役所を訪れた際に、ついでだからと住民課の窓口で「介護保険証」を渡された。ご本人は、「いまは介護の世話にはならないから、こんな保険証はいらない」とつきかえし、窓口でしばらく押し問答になったとのこと。しかたがないのでもらってきたけれど、介護保険の意味がわからない、しかも保険料の「警告書」が届き、いきなりこんなものをよこすとはどういうことだと、ご立腹の様子でした。直接お会いして話を聞くと、すでに1年前には第1号被保険者になっており通知などが区から送られているはずでしたが、手続きの不備や事情からご本人に届いていないことがわかりました。制度がはじまって14年目になりますが、まだまだ周知されていないことを改めて実感滞納保険料の支払い問題などが整理があるので、日を改めて区役所に同行することにしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8/9 障がい児童の通級支援相談で済美教育センターを訪問

障がい児童の通級支援の相談があり、保護者に同行し、済美教育センターにある特別支援教育課を訪問。1時間半にわたる話し合いの中で、保護者や学校の認識にかなりの違いがあることに気付きました。また支援が必要とされる児童について、介助や学習指導員の加配など、他の学校からも多くの要請があり、それに応えられていない現状もわかりました。環境を整備することは教育委員会の課題です。次回は相談者とともに学校を訪問することにしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8/5 明日から広島です

蝉のなき声が賑やかですね。明日から2日間、広島に出かけます。夜遅く、友人が「広島に届けてほしい」と、素敵な封筒に入れた“カンパ”を持ってきました。毎年、仕事で行くことはできないけれど、気持ちが伝わってきます。行ってきますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8/2 発達障がい児童の通級支援についての相談を受けました

学校と保護者が協議をしっかりやって対策をとるべきはずの「発達障害児童」の通級支援。今回、入学以来ずっと保護者の付き添いが続いているという相談を受けました。そのお話から学校側の姿勢に、私も疑問を抱きました。週明けに問い合わせることにしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »