« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

7/29 若く見えます…

9今朝はとてもさわやかでしたね。出かける6時前には、ごみ出しや掃除、散歩で何人ものご近所の方にお会いしました。起床は4時半で少し早いのですが、ちょっとした片づけや、アイロンがけ、新聞をながめる時間的余裕もあり、なかなかいいものです。

駅前にはバスと歩行者の運行整理で働く方がいらっしゃるのですが、今日は若い青年。その彼が、帰り支度を始めた私に「(困ったときに一人にしませんは20年の活動から生まれた言葉ですと私が発言したことに触れて)20年この活動をやっていると聞こえてきましたが、僕は22歳だから、僕が2歳の時からやっているんですか」と話しかけてきました。「そうですね、小さかった子どもたちがみんな大人になっていきます」と私。彼は「でも若くみえます」「40代にしか見えません」と…。嬉しかったのですが、でも、そこで私は「40代って、前半?後半?」とつっこみたくなる衝動に駆られました。

ところで、22歳の彼は、今日は7時~9時まで荻窪駅前で働き、夕方は5時~7時は別の駅、明日はまた別の駅と、その日でシフトが変わるそうです。暑い日も寒い日もみていて大変そう。にもかかわらず不安定な働き方です。労働時間、労働条件、もっと安定したものにならないものか…。彼らに、もっと役立つような活動をしなければなりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7/27 辺野古に新基地はつくらせない…沖縄街頭宣伝

2014727

暑かったですね。暑さ絶頂の時間、辺野古への米軍新基地建設反対の沖縄街宣を仲間たちと行いました。“左記の看板”は私が作りましたが、なかなかの出来です…自画自賛(>_<)


街頭に向かう私のいでたちは、トラメガを肩に担ぎ、サンバイザーに、覆面(ハンカチで顔を覆っています)のすごい格好…“暑さ”よりも日焼け防止です!!

今日は「沖縄防衛局・県警・海上保安庁の総力での沖縄つぶしを許すな!辺野古辺地へ!7・27『島ぐるみ会議』結成大会」が現地で、同じ時間帯に行われました。私たちは、東京でできることを行動にし、沖縄へのエールを送りたいと思います。ちばらなやーさい(頑張りましょう)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7/25 どら焼きをありがとうございました

今朝の駅頭街宣、とても暑かった。今日の駅は正面から太陽が照りつけ、立っているだけで背中をつっーと汗が流れていくほど。2時間もやっていると頭がクラクラしてくるのですが、気になるのはなんといっても日焼けです。チラシを上に掲げるのですが、毎度そうしているわけにもいきません…。

2014725
いいこともありました、いつもチラシ(区政報告)をもらってくださる60歳前半の男性が、「これを食べて、がんばって!」と、三笠山(どら焼き)を下さいました。暑さも忘れ、いっきに元気になりました。本当にありがとうございました。
まだまだ暑さが続きますが、皆さんご自愛ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7/24 ブログにコメントがありました…ご紹介します

コメントをご紹介します

「コメントが遅くなりました。全く新城さんの言うとおりです。民意が一番反映するのは地方議会。そこから、国政に意見をするのは、むしろ健全です。地方から中央に圧力をかけなければ、今の小選挙区制度の民意が反映しにくい国会に誰が民意を反映できるのか!?今、戦後の国政の大転換点。平和主義を捨てるか否かの瀬戸際です。絶対に許してはいけません。日本人は70年前に嫌と言うほど、戦争の残酷さ、悲惨さ、他国にたいしての許しがたき行為で、反省してきたはず。決して忘れてはなりません。戦争ができる普通の国でなくていいのです。これからも決して戦争をしない普通でない国がスタンダードになる先駆的な国になればいいのです。新城さん、頑張ってください。いつも応援しております。」

・・・なかなか更新できないブログですが、ありがとうございます。(新城)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7/20 辺野古新基地建設とめましょう

2

1_2

辺野古の状況が厳しくなりました。

20日未明、国は夜陰に紛れてボーリン号調査のための資材搬入を強行。卑劣なやり方です。
現地からは、座り込みの人が足りない!1時間でも座れる人は集まってくださいとの呼びかけがなされています。現地の状況を考えるとすぐにでも行きたい衝動に駆られますが、スケジュールがいっぱいいっぱい。今回に続き、行ける人たちを募るためにも街頭での行動続けたいと思います。また、お知らせしますので、参加できる方はよろしくお願いします。
・・・スケジュールをやりくりし、皆さんもぜひ辺野古へ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7/15 くらし法律相談会がありました

今朝は4時前に目が覚めてしまい、日中は眠気との闘いでした(>_<)

本日のくらし法律相談会は3名の方が利用されました。電話でも80代の方から問い合わせがありましたが、当日は都合が悪く、また夜の外出が大変とのこと。弁護士にお願いし、再来週、平日の午前中に区役所に来ていただくことにしました。私がお渡ししたチラシを「何かがあったときのために」と、保管されていることがわかりました。何かの時には、ぜひご相談ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7/14 集団的自衛権行使容認・原発再稼働に反対する民意が示された滋賀県知事選挙!

暑い日が続いていますが、皆さんはお元気でお過ごしでしょうか?

滋賀県知事選挙は集団的自衛権行使容認に異議を唱え、「卒原発」を掲げた候補が、自民・公明推薦の候補をやぶり、当選。安倍政権の暴走に抗議する民意です。朝の街頭は、集団的自衛権行使容認の撤回と、原発再稼働をとめることをメインに訴えました。「区議会議員なのに国政問題を語っている」という40代の男性が嫌み?を言っていきましたが、国会に任せておけますか?国会は頼りないどころか、大多数が容認派の状況です。民意を裏切った閣議決定に声を上げずどうするのでしょうか。私は地方自治体から反対の声を大きくし、撤回させたいと強く思っているのです。まさに、私たち地方議員も住民のいのちを守る重責があるのですから。
次は福島県知事選挙、11月の沖縄県知事選挙。保守革新を超えて「オール沖縄」で闘っている沖縄に学び、力を合わせたいものです。杉並区議会でも立場の違いをこえて15名の議員が行動に立っています。
辺野古・高江の緊迫した状況が伝わってきます。沖縄街宣を杉並で行うことにしました。沖縄と結んで、ちばらなやーさい(がんばりましょう)。さて、今日はこれから共通番号制に反対する地方自治体議員の集まりがあり、参加してきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7/10 福島こども保養プロジェクトスタッフ会議に参加しました

今年の福島子ども保養プロジェクトは8月11日から5泊6日で行われます。今回で3回目の企画は、大学生の参加が多く、幅広い年齢層になりました。ボランティアの初顔合わせ・打ち合わせ会議があり参加しましたが、参加された大学生6人はとても真摯に臨もうとしている姿勢がうかがえました。最後まで子どもたちが楽しく無事過ごせるように、皆で頑張ります。カンパのご協力、よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7/8 反原発自治体議員・市民連盟の会合に出席

反原発自治体議員・市民連盟の会合で、参議院会館へ。区役所から一本で行けるのでとても楽です。7月福島を忘れない!全国シンポジウムと原発事故被害自治体見学の取り組みについて、議論。いつも長~くなるので、大変ですが、他自治体の議員と情報交換ができる重要な場にもなっています。皆さん、それぞれ頑張っておられます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7/7 都市環境委員会がありました

これまでの3年間は保健福祉委員会に所属してきましたが、要望をしながら入ることが出来ませんでした。新しい所属は都市環境委員会。今日は第1回目の委員会で、事務事業に関する質疑を行いました。私は先日、傍聴した京王線高架化問題や大気汚染、タヌキなど有害鳥獣とされる業務などについて質しました。狭隘道路や区営住宅など、かなり幅広い事業に関わります。皆さんのご意見を今後もよろしくお願いします。


201477_1

夕方は後援会事務局会議。事務所にいくと、Fさんが差し入れてくださった“のど飴”が置いてありました。お会いできなかったのは残念、お気遣いありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7/6 高円寺北口広場で「6の日」行動…継続しています

201476_in1

日曜日の正午から1時間、秘密保護法の
廃止を求める「6の日」行動がありました。議員6人に市民10人が参加し、高円寺北口はとても賑やかな雰囲気に。チラシの受け取りもよく、活動の積み上げは、重要だと改めて感じました。
秘密保護法廃止まで今後も継続します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7/5 福島を忘れないシンポジウム・現地見学の発送作業

630

今日は首都圏をはじめ原発立地自治体や福島原発事故で被害を受けた自治体の議会あてに、7月福島を忘れないシンポジウムと被害自治体現地見学の発送作業を行いました。第1回目の発送作業は、けしばさんと二人だけでしたが、今回は羽村市議の門間ひでこさんがかけつけ手伝ってくださいました。門間さんは、反原発自治体議員にとってはとても重要な方で、長崎生まれの川俣町山木屋で幼少を、いわき市で多感な学生時代を過ごされた方です。羽村市でいち早く川俣町などの子どもたちの保養を手がけています。門間さんの存在があり、私たちは福島原発事故被害自治体議員らと知り合うことが出来たといっても、いいほどです。6月29日、30日の福島の事前調査も一緒でした。

私はこの活動を通して、全国各地で、一人だけでも頑張っている議員に出会うことが出来ています。
7月シンポ・現地見学に、関心のある方はぜひご連絡ください。
写真は、計画的避難区域となっている富岡町の立ち入り禁止ゲート。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7/4 集団的自衛権行使容認に抗議し、区議会6会派12人で街頭宣伝!

今日は集団的自衛権行使容認に抗議し、杉並区議会の有志6会派12人の議員で街頭に出ました。参加できなかった議員を含めれば、総勢で15人になります。

立場や団体の違いはあるけれど、こと戦争にかかわる問題では、力を合わせて今後も継続することにしました。これからもがんばりましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7/3 下井草の林さん宅で行われた「飯館村」の上映会

反原発自治体議員・市民連盟が7月に行うシンポジウムと被害自治体見学ツアーの事前現地調査を終え、新しい情報をもとにした2回目のチラシづくりをしました。地図入りで、とてもわかりやすいものにはなったけれど、作成に大分時間を費やしてしまいました。

そのため、ご案内いただいていた夕方の林さん宅でのドキュメンタリー映画の上映会。あまり使わないタクシーで急ぎましたが、10分近くも遅刻してしまいました。

飯館村の酪農家・長谷川さんも参加され直接その後の飯館村の現状をお話し下さいました。映像は、胸がつぶれるような場面が多く、涙がとまりませんでした。
放射生物質汚染で住めなくなった地域。「処分」される牛たちが、車に押し込められるのを脚を踏ん張って、乗ろうとしない姿が脳裏から離れません。長谷川さんの講演「その後の飯館村」では、牛車に繋がれ餓死した牛達の姿が映しだされました。ほんとうに酷いことです。

原発稼働、建設、許してはなりません。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

7/2 京王線地下化を求める会の裁判の傍聴に 東京地裁へ

京王線笹塚~仙川間の高架化事業に反対する沿線住民「京王線地下化実現訴訟の会」が国に対し、事業認可の取り消しを求めた第1回口頭弁論が行われました。法廷は傍聴が多く入る大法廷。私も傍聴に行きましたが、100人を超える原告・傍聴者で法廷は満杯。私を含めた数十人の方が入れず、私は法廷の横にある長椅子で1時間半、終わるまで待ちました。
私の最寄駅の代田橋付近もそうですが、高速道路の高架や甲州街道で、騒音、振動、排ガスと大変きびしい。これに加えて京王線が高架になれば、住環境の厳しさに追い打ちをかけることになります。

裁判が終わった後、東京弁護士会館ロビーで、本日の報告が行われました。海渡弁護士のお話では、住民の陳述に、裁判官はうなずいて聞いていたとのこと。
弁護団から新宿から調布までの全面地下化にすれば、高架地下併用案と比べ数億円安くなるという意見陳述論も行われたようです。税金を使う事業でありながら笹塚と八幡山の効果を残すのは無駄遣いとの指摘も。

高架方式で立ち退きを迫られ、住環境の悪化を憂慮する住民の不安は当然のこと。今後も裁判を応援していきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7/1 集団的自衛権行使容認の閣議決定は無効!

201471_1_2

自衛隊の発足から60年目の7月1日(今日)、安倍政権は集団的自衛権の行使容認を閣議決定。すでに全国200に及ぶ地方議会から反対の意見書や決議が上がり、杉並でも意見書を求める請願が出され、私は紹介議員となっていたところでした。この決定は憲法違反!撤回させるために、全国の地方自治体から反対の声をあげていきましょう。

衆議院第2会館で行われた「地方自治体議員立憲ネットワーク」に参加しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »