« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

11/30 紅葉が素敵です

1

区役所に向かう途中の松ノ木グラウンドです。いつもはひたすら前に自転車を走らせているのですが、ふっと横を向くと、紅葉が目にうつり、停車して撮影。とてもきれいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11/27 都市環境委員会で請願の審査を行いました

今日は、所属する都市環境委員会で請願の審査がありました。委員会資料は2日前の配布で25日に資料が各委員に配布されました。私が1期目の頃は席上配布。委員会の冒頭にその点を抗議したら、やっと2日前の配布に変更。今日まで続いています。

今回私は清瀬市に住む友人が急逝し、25日はその葬儀のため請願の調査は26日の一日だけに。前日は大雨でカッパに自転車ででかけたものの、手元やスマホが濡れて写真がうまくとれません。急ではありましたが請願者ご本人にお会いし、状況をつかむことができました。が、一方で何点か重要な疑問もでました。調査はしたもののやはりわずか一日だけでは十分な調査とはいえません。委員会の冒頭、委員長に対し、住民の切実な請願・陳情にあたっては、委員に調査の時間・期間を保障するのも、委員長の裁量で出来ることを質し、確認しました。
請願審査の結論は、狭あい道路(私道に関する)の審議会が発足し、私道についての公の関与について専門家での研究が行われていることもあり、今後の重要な課題だということで他会派から動議が出され、継続審査となりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11/23 沖縄を満喫した夜

1

「電話機にfaxがたまって消去というメッセージがでている。どうしたらいいか、来ていただけませんか」と83歳の方からの連絡を受け、行ってきました。マニュアルがあるのですが、字が薄くてなかなか判りづらい。遠くにいらっしゃる息子さんにもご協力いただき、faxの送受信の練習をしてきました。毎回私が呼び出されるのはこれからはますます大変になるので、スマホで電話機やマニュアルの写真を撮り、それをみて教えることにしました。きっと、私がこのような年代になったときに電子機器はもっと進むはず、同じように困って大変になるかも、と想像しながら帰りました。

夜はお世話になっている沖縄の飲み屋さんの17周年記念パーティに参加しました。お店の開店の年に生まれた息子T君も17歳。お店の椅子に寝かされて、皆におむつを替えてもらいながら育ったんだよ~と、集まった常連のお客さん(というよりも家族ですね)にからかわれながらも、ギターやサンシンを披露してくれました。とてもいい青年に成長しています。今後が楽しみですね。ところでHさんは無事に家に辿り着けたでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11/19 傍聴をありがとうございました

Photo_2

午前の最後番で一般質問を終えました。集団的自衛権行使の自治体への影響について、沖縄知事選挙の勝利の大きさに少しふれました。「11月16日、米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設が最大の争点となった沖縄県知事選挙は、辺野古移設に反対した翁長健志さんが圧勝しました。オスプレイ配備と県内移設を拒否する沖縄県民の民意が示されました。これはまた、安倍政権の暴走に、地方自治体からこれを止める闘いのはじまりを意味します。沖縄に続き、住民の命を守る自治体の責務を果たすため、以下質問します。」と。集団的自衛権行使問題では、前区長時代から杉並区が中学3年生、高校3年生の4情報を抽出し自衛隊に提供している問題を取り上げました。自衛隊法97条や自治法2条、住民基本台帳法はそこまで規定していないことでやめることや、区の個人情報保護条例にある本人の申し出があれば、拒否できるのか、などを確認。外環の地上部の道路(東京都の計画)が練馬区でどんどん進められている問題を指摘。関係する住民の方に傍聴にお越しいただき、感謝です。やり取りの詳細は別の機会にしますね。ちょっと休憩します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11/16 沖縄知事選挙大勝利です

シタイヒャー!!沖縄!「オール沖縄」の翁長さんの当確のテロップが流れました。早速沖縄の友人から、琉球放送、沖縄放送、NHKが翁長さんの当確を報じたところ、仲井間氏は「マスコミがいっているだけ。信じない」とコメントしたとのこと。この選挙戦で翁長さんは、普天間の閉鎖・撤去や垂直離着陸輸送機オスプレイの配備撤回を求めた2012年(県民大会実行委共同代表を務め、全市町村長や県議会全会派が県内移設断念などを求めて署名した)「建白書」の理念実現し、保革の枠を超えた「オール沖縄」で基地問題の解決に取り組むことを訴えました。選挙本番で安倍自民党は国会議員を沖縄に送り込み、違反チラシを戸別配布するなどやりたい放題。しかしながら、チラシは県内の印刷会社では断られ、本土の印刷会社で印刷させたものだということです。チビラーサヌ(すばらしいですね)。本当に皆さんありがとうございます。沖縄の未来のために、辺野古も、高江も、これからが正念場です。頑張りましょう。しかし安倍首相はこの大失態から逃れられないと、総選挙で全てを帳消しにしようと考えたのでしょうか。騙されず、沖縄の闘いに応えるためにも、総選挙で激しい批判の声あげていきましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11/14 相談者からお礼の連絡がありました

お友達の借金の「保証人」になり、債権者から返還要求がなされ裁判に訴えられた方の相談がありました。早速弁護士に相談したところ、証書には「連帯し返還する」されていることから実質連帯保証人として責任があるとの認識がされました。弁護士の助言をもとに相手側に和解を求めたところ、先日「成立しました」と、お礼のご連絡がありました。今回はご本人が払える範囲の額で済みましたが、私の知人には土地・家屋すべて失った方がいます。借金をする方にも大変な事情や切実さがあると思いますが、「保証人」「連帯保証人」には、よくよくお考えになり決めることをお薦めします。厳しいですね。


今日は夕方6時から、くらし・法律相談会が永福・和泉地域区民センターであります。お悩みや不安がありましたら、どうぞご利用下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11/12 沖縄知事選挙で子どもたちの願い実現しましょう

来週からはじまる第4定例議会での一般質問の準備中です。

さきほど、質問項目として、1集団的自衛権行使の自治体への影響、2施設再編整備について(産業商工会館、新泉小・永福南小の跡地利用、児童館)3外環道と外環地上部街路について、を提出してきました。
質問日は11月19日午前11時ころになります。傍聴をよろしくお願いします。
 さて、16日はいよいよ沖縄知事選挙投票日になります。基地問題が知事選の大きな争点になったことはこの上ないことです。昨日の琉球新報に組まれた「新報小中学生新聞」の「次代の主役が願う沖縄・大人たちにリクエスト」には、「オスプレイ反対、辺野古移設しないで。」「沖縄が平和で豊かな自然がたくさんあってほしい。」「へのこの海を守ってほしい。」「沖縄に基地をふやさないでほしい」と子どもたちのメッセージが写真とともに掲載されていました。子どもたちの真剣な眼差しが注がれています。子どもの願い実現する知事をぜひ誕生させましょう。冲縄、頑張りましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11/6 秘密保護法廃止にする〝6の日行動〟に参加

1161

高円寺駅北口はたいへん賑やか。皆んなで秘密保護法廃止の歌を合唱し、和やかな雰囲気に、チラシの受け取りがとてもよかったと感じました。秘密保護法廃止を訴える杉並区議会有志・市民の行動は、昨年の12月6日の法案強行採決時からはじまったものですが、今日で何回目になったでしょうか。


いつも朝の駅頭でお会いする方にもばったり。チラシも受け取っていただきました。まだまだこれからが正念場ですね。立場の違いをこえて、皆で一緒に頑張ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11/2 区政報告会へのご参加ありがとうございました

1121_2

区政報告会へのご参加をありがとうございました。今回は初めて参加される方を含め予定を超える集まりとなりました。脱原発首長会議などの事務局を務める上原公子(元国立市長)さんに、立憲主義と地方自治体の役割について、ご講演いただきました。上原さんには大学などで2時間を要する内容を、わずか30分にまとめていただくなど、大分ご無理を強いりましたが資料を用いたお話には「分かりやすかった」など、皆さんからは好評でした。判っているようでも、原点に戻り勉強することの大切さを改めて感じました。参加された方々のお話もいただき、私も課題を再認識しました。またさらに、今後の活動に役立てたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11/1 あすなろ作業所のバザーに行ってみました

2014111_1

区政報告会準備の前に、午前の早い時間をあすなろ作業所のバザーに行ってみました。開会式では発言の機会もいただきました。エプロンや頭巾をまとった皆さんのお顔がとてもいきいきしているように思えました。ハンドベルを使った演奏には、私も感動。小さいころから知っているAさんも久しぶりにお会いすることが出来ました。お元気そうでなにより!

私はマドレーヌなどを購入、おいしくいただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »