« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

2/25 スムーズに解決できたSさんの相談

今朝、街宣を終えて戻るとすぐに携帯が鳴りました。
見ると、昨年からご連絡がとれなかった沖縄出身のSさんから。昨年12月に入院し、先日の21日に戻ったとのこと。ただ早く退院してきたためまだ具合が悪く、支払いを替わりに頼めないかとのご依頼でした。


年始から2月初旬にかけ何度訪問してもお会いできず、もしや?と悪いケースばかり考えていたところだったため、私は≪春の彩≫に仕上げてもらったお花を持って午後に訪問。その際、沖縄の友人Hさんも一緒に同行してもらいました。


ドアを開けたSさんは少しお顔の表情が暗く、話をしていてもすぐに壁に寄りかからなければならない状態。私はゆっくりお話を聞き対策を練りました。

・・・相談の結果は①支払いは「請求書」ではなく、明細書であることがわかり、支払いに用意した3万円が浮いた!得した気分。②Sさんは電話が苦手でいまはご自分でやることもできないため、私が週明けの通院のための移動サービス予約。通院はタクシーで片道2200円かかるところを、会員登録した移動サービスでは片道1300円(帰りも車は待っていてくれますが、その間は無料!)で往復2600円で済むことに。③そして何年ももらったことのない「春爛漫の花束」が嬉しいと、Sさんの表情は満面笑顔になりました。

当初の調子の悪そうな表情が一変したことがとても印象的です・・・

相談は時間を要するケースがとても多いのですが、今回のようにタイミングよくすべてがスムーズに進むことはそれほどおおくありません。

増える相談に、友人たちの力も借りて、チームで対応できるようにしていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2/19 介護認定・・・厳しい判定

「これまで受けていた介護(サービス)が受けられなくなる」、また80代女性からご連絡がありました。認定調査で「頑張ってしまったことが原因かもしれない」とのこと。認定調査で「ご自分で歩けますか」「服は着れますか」などをきかれた際に、ゆっくりゆっくり、休み休みで時間がかかっても「自分で出来る」と答えたことが「自立」になってしまったのではないかということでした。「自分で出来る」の中身をひとつとっても、その方のお話をじっくりきかなければ見えてこないことが沢山あります。機械的に聞く(項目をチェックしていく)だけでは、状態に則した正しい認定は出来ません。ということと、認定を軽く判定するようなチェック項目や調査の人的体制になっていることも問題ではないかと考えます。これは介護保険制度の根幹の問題です。まだまだこのようなケースがでてきそうです。認定に立ち会う事とても重要な取り組みになっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2/18 素敵なお花いただきました


2015213ご近所の方が素敵な造花のバラをいただきました。
一本のバラに数時間を要するとのことで、とても繊細な仕上がりです。

ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2/15 賃金未払問題・・・嬉しい報告がありました

賃金不払い問題・・・嬉しい報告がありました
2ヵ月の賃金不払い問題の相談がありました。56人が働く職場で9割が女性。会社は不払いをそのままに閉鎖、また別会社を立ち上げるという悪質さ。これまで20人の女性がこれを許さない

として、労働基準監督署や弁護士などに相談。会社は労基署の指導でいったんは払うことを約束したものの果たされず。その経過を聞き、私はすぐに労働組合を紹介し相談に同行。組合を結成し、「使用者概念の拡大」で親会社にも交渉。先日「約束の支払いがありました」と、連絡が入りました。一歩前身、よかったです(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2/6 吐く息が真っ白…朝も重要です

吐く息が真っ白、次第に気温が高くなることがとても分かりやすい朝でした。目の前の赤いコーン(交通規制によく使うもの)に手袋がかぶせてあり、ミニ怪獣の様でとてもかわいらしかった。終わった後に撮影しようと思っていたのに、すっかり忘れてしまいました。かぶせた方のユニークさ・アイデアに感心しました(^^)

少しずつですが、区政報告を手に取る方が増えてきました。毎週毎週チラシを作成することは大変ですが、数は少なくても関心を寄せてくださる方がいるので止めることはできません。法律相談会にも、今朝の駅でチラシをもらった方が来られたのですから、朝も重要です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2/4 今日は立春、陽射しが暖かでした

 

今朝は陽ざしが暖かでした。立春ですね。春とはいっても、明日は天気予報は雪です。東京は4月にドカッと降るときがありますから、まだまだ安心はできません。

昨日、私のチラシをご覧になった障がい者の方から、「グループホームは僕たちにとってはとても重要です」と話しかけられました。障がい者施設を作ろうとすると、近隣から“反対”が出てしまう状況がたびたびあるのですが、障害者にとって住みよいという事は誰にも等しくつながる普遍的なものです。グループホーム増設も今後の課題です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2/3 認可保育園1632名が入れず

201523_1

今回は1632名の児童が認可保育園に入れませんでした。杉並区は認可保育園を中心に前倒しで増設していますが、まだまだ足りない現状。この日、小さなお子さんを抱いたお母さん・お父さんが区への申し入れを行いました。杉並区の努力には感謝するが入所しなければ働けないなどの切実な声がありました。

若い人たちが安心して働き、杉並にずっといられるように、私も力を尽くしたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2/2 区政報告NO.214 安倍首相の暴挙にNO!

安倍首相の「積極的平和主義」の名による中東での無謀な対テロ支援金2億ドルの約束によって、2名の日本人の命が奪われました。これに対して安倍首相は、「米国と連携を強めテロリストに償わせる」と報復宣言ともとれるような声明を発表。「対テロ戦争」の泥沼に日本を引き込み、今後さらに日本人の人命が脅かされることを省みようとしません。

一方、沖縄での民意を踏みにじる辺野古の米軍新基地建設強行や原発の再稼働など、自然や命、暮らしを犠牲にする暴挙に舵切っています。安倍首相の危険な歩みをとめるために、地方や地域から、声を上げていきましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »