« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月

6/19 女性殺害遺棄事件に抗議する沖縄県民大会に参加

2016619_1_2

ジリジリ照りつける陽射し、ドーっと流れる汗、厳しい暑さの中を老若男女が集いました。

童神を歌った古謝美佐子さんの声は、涙を堪えて踏ん張っていることがこちらにも伝わるものでした。辛かったろうと推察ます。発言者から被害者のご両親が「娘を犠牲者の最後にしてほしい」と語られたことも報告されました。翁長知事は流石でした。「負けてはなりませんよ。子や孫のために」とした翁長さんの締めの言葉。誓いをともにしました。

大会後は、彼女が遺棄された現場に、花を手向けてきました。沖縄の友人たちから託された思いもつたえてきたつもりです。

2日目は辺野古の座り込み、3日目は平和資料館へ。“戦争孤児”の展示を見学し、韓国人犠牲者の碑や、私の叔父達の名前が刻まれている碑に献花しました。県内の中学校や高校生の平和学習や、幼稚園の子ども達にも会いました。どの年齢の子ども達にもわかるように展示がされているようです。

皆さん、ちばらなやーさい(頑張りましょう)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »