« 2017年8月 | トップページ | 2017年12月 »

2017年9月

9/14 9/11から第3回定例会がはじまりました

 第3回定例会が、11日からはじまりました。今回の一般質問は、1区長の歴史認識(関東大震災時の朝鮮人などの虐殺についての認識)について、2介護保険制度の改定について、3介護保険と障がい者支援について、4学童クラブの待機児童対策について、5外環道についての5つの課題について、質しました。
 傍聴にお越しいただいた皆さんには、ありがとうございました。
 関東大震災時の朝鮮人虐殺に対する区長の答弁
 『この事件は、関東大震災時に朝鮮人が武装し、あるいは放火するといった流言を背景に、住民の自警団や軍隊、警察の一部により朝鮮人等への殺傷事件が生じたもので、平成20年に発行された内閣府が所管する中央防災会議の報告書にもこのような事実が記載されております。
 虐殺された人数等については、様々なご議論があると承知しておりますが、私も、朝鮮人に対する虐殺事件が起こったという事実は、中央防災会議の報告書と同様の認識をもっており、自然災害がこれほどの規模で人為的な殺傷行為を誘発した例は、日本の災害史上なかったものと受け止めております。
 議員のご指摘の通り、過去の出来事を後世に継承していくことは、災害対策においてもとても大事なことです。私たちは、大規模災害時におけるパニック状況下では、情報不足や流言によって、想像もつかないような悲惨な状況を生み出しかねないことを、この事件の教訓としてしっかりと学び、2度とあのような悲惨な出来事を繰り返すことがないよう、この事実を直視し、後世に継承していくことこそが大切であると考えております』と、答弁がありました。
 未来の創造のためにも、過去の過ちを見据え、しっかり記憶し続け、後世に伝え、生かしていくことがとても大切だと思います。
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年8月 | トップページ | 2017年12月 »